医療的ケアとは

吸引

口腔内、のど(咽頭、喉頭)、鼻腔、気管、気管支などに溜まっている分泌物を、 吸引器などを利用して体外に出す行為のこと。 自力で分泌物を排出できない重症児や、気管切開をしている児などは吸引器が手放せない。 吸引する際の圧や、挿入するカテーテルの長さ、太さは個人間で違うので個人にあったものを医師の判断により使用。

詳しく見る

人工呼吸器

なんらかの理由で、自発呼吸(自分でおこなう呼吸)が難しい、また弱い場合に呼吸を補助する医療機器。 また、全身麻酔での手術の時なども適用される。 在宅用は年々改良が進み小型化、バッテリーの持ち時間も伸びており、より利用者の行動範囲を広げてくれるものが出ている。一方、呼吸器の設定等は非常に複雑で命に直結して関わることが多い …

詳しく見る

気管切開

病気や障がいにより呼吸不全に陥りやすい状態を回避するために気管で直接呼吸するための小さい「穴」をあけ、その 部分から気管にカニューレを挿入し気道を確保する。 カニューレを挿入しているため、気管に異物がある状態となり、そのため痰が多量に排出されることが多い。自力で痰を出せない場合は、気管にチューブを挿入し、定期的に痰の吸 …

詳しく見る

胃ろう

口から食事のとれない人、飲込む力の無い人のために、直接、胃に栄養を入れるためのおなかにつくる小さな「口」のこと。胃ろうの入り口はしっかり固定されており、抜ける心配もなく違和感も少ない。。胃ろう形成した後も口からの摂取は可能であり、経口摂取のリハビリも、鼻にチューブをしている状態より本人の違和感が少ないため適しているとい …

詳しく見る

経管栄養

病気などにより口からの食事がとれない人が、体外から消化管内に通したチューブを用いて摂取する方法。初めは経鼻胃管から投与することが多い。しかし経鼻胃管には再挿入時の誤嚥や、長期挿入での副鼻腔炎と言ったリスクが存在するため、長期に渡って経管栄養が必要な場合には、胃ろうや十二指腸ろうを造設することが多い。

詳しく見る

おうち暮らし安心BOOK
会員・ボランティア募集中です。詳細はこちらから
みかんぐみtwitterへ アカウント@mikangumikids
みかんぐみFacebook Pageへ
ユニバーサルデザイン子供服の企画・販売 ひよこ屋
デザイン&サポート Honey create